Library
IT/WEB

古里宗寛

2002年卒
システムエンジニア

一つの分野の深い知識とともに、
幅広い分野の知識を持つことも、仕事の上では重要です。

古里さんは中部電力グループのシステム関連会社、中電シーティーアイに入社。これまでに中部電力の社内研修用に教材コンテンツの制作やe- Learningシステムの運用・保守、配電設計シミュレーションなど、プログラム開発を手がけてきた。「このシミュレーションプログラムは、配電モデルの将来予測を行うものです。C++とVisioを連携し、モンテカルロシミュレーション(擬似乱数を用いた模擬実験)を使って予測計算をします」。また、グループ企業の中部テレコミュニケーションが提供するインターネットサービス「commuf@」利用者向けに、さまざまな機能を組み込んだツールバーの試験開発など、さまざまな受託・共同研究も担当している。「高校で学んだプログラムの知識を、さらに深めるために」HALへ入学した古里さん。駅から近いという学校の環境も良かったという。「学生時代には、何の役に立つのか分からなかった授業も、仕事をするようになっていろいろな場面で役立っているように感じます。ある分野の知識を深めることも大切ですが、広い分野の知識を持っていることも仕事の上では重要。学生のうちにさまざまなことを経験しておくことが大切です!」

http://www.cti.co.jp/