HALを選んだ「先輩の声」

各種サポート制度 利用学生の声「日本学生支援機構奨学金制度」篇

タグを見る

HAL名古屋には、「卒業までの学費」「初めての1人暮らし」も安心なサポート制度があります。奨学金、提携教育ローン、アルバイト・働きながら学べる制度から、提携学生寮・アパートマンションまで、多くの学生が制度を利用し、夢に向かって頑張っています。

今回は、『日本学生支援機構奨学金制度』を利用し学ぶ先輩の声を紹介します。


アルバイトできなくても、親に負担をかけずに学業に専念できます。

  • CGデザイン学科
    口野 優(三重県出身)

    高校は進学校で、3DCGの世界はそれまで未知の分野でした。HALのテレビCMでCGに興味を持ち、体験入学に参加し3DCGの世界に惹かれて入学を決意しました。
    通学は自宅から約2時間かかり、アルバイトに時間をかける余裕はありません。それでも学校に通いたい思いが強かったので、奨学金制度の活用を決めたんです。
    親に負担をかけることなく学業に専念できているので、大きな助けになっています。


日本学生支援機構奨学金制度とは

独立行政法人日本学生支援機構が運営する、国の奨学金制度で、多くの在校生が利用しています。第一種(無利子)と第二種(有利子)があり、いずれも在学中は無利子で、返還は卒業後7ヵ月後から始まるため、無理なく計画的に返還することができます。

制度の詳細については入学相談室まで問合せください。