学生作品「Student Works」

就職プレゼンテーション作品:ゲームデザイン分野『Daphne』

タグを見る

この作品は、2018年度 就職作品プレゼンテーション出展作品です。

作品分野

ゲームデザイン

作者名

小倉 成美/ゲーム4年制学科 ゲームデザインコース

開発環境・使用ツール

Maya・Mudbox・ZBrush・xNormal・Photoshop・Illustrator・CLIP STUDIO・Substance Painter・Marvelous Designer


受賞実績

  • HAL三校合同学内コンテスト 構成力賞
  • HAL三校合同学内コンテスト 独創力賞

作品のアピールポイント・注力したこと

細かいところまで気を配って制作をしています。目の形や全身のバランスなどを考慮し、本物の人間のバランスでは表現できない部分などを誇張して制作をしました。また、様々な雰囲気のモデルをつくれるようになりたいと考えていたため、ローモデルからミドルそしてハイエンドまで制作。またデフォルメからリアル調の表現に対する研究を続けています。

制作にあたってHALで学んで活かせたこと

HALへ入学してから3Dを学び始めたので、ツールの多さで戸惑うなど、なかなか慣れないことが多くありましたが、1から先生に細かく教えていただき、キャラクターとしての個性をしっかり出せるようになりました。より深い絵づくりを学ぶことができています。

※学科名・学年は作品制作当時。内定先は卒業年次、就職先は卒業時の実績。

就職作品プレゼンテーションとは

就職作品プレゼンテーションは、希望業界への就職をめざす卒業前年度の学生(4年制3年次、2年制1年次)のために、ゲーム・CG・映像・アニメ・デザイン・ミュージック・IT・WEBなどの各業界で人気上位の企業から、採用・開発・制作担当者を招き、学生が自ら作品をプレゼンテーションできる専門学校HAL独自のカリキュラムです。就職希望企業と直接話を聞けるチャンスのため、希望者は東京・大阪・名古屋の3地区どこでも参加ができます。(一定の条件あり)