学生作品「Student Works」

就職プレゼンテーション作品:ゲームデザイン分野『背景.人物モデリング作品集』

タグを見る

この作品は、2018年度 就職作品プレゼンテーション出展作品です。

作品分野

ゲームデザイン

作者名

坂井 勇樹/ゲーム4年制学科 ゲームデザインコース

開発環境・使用ツール

Maya・Zbrush・Substance Painter・Photoshop・CLIP STUDIO PAINT



作品のアピールポイント・注力したこと

背景の家、鎧のレリーフなどの細かいディテールを詰めることにこだわりを持ち、そこをアピールできるようなポートフォリオに仕上げました。

制作にあたってHALで学んで活かせたこと

Mayaの基本機能から使い勝手が向上できるような機能、それを応用する力が身につきました。

※学科名・学年は作品制作当時。内定先は卒業年次、就職先は卒業時の実績。

就職作品プレゼンテーションとは

就職作品プレゼンテーションは、希望業界への就職をめざす卒業前年度の学生(4年制3年次、2年制1年次)のために、ゲーム・CG・映像・アニメ・デザイン・ミュージック・IT・WEBなどの各業界で人気上位の企業から、採用・開発・制作担当者を招き、学生が自ら作品をプレゼンテーションできる専門学校HAL独自のカリキュラムです。就職希望企業と直接話を聞けるチャンスのため、希望者は東京・大阪・名古屋の3地区どこでも参加ができます。(一定の条件あり)