学生作品「Student Works」

就職プレゼンテーション作品:CG映像分野『Challenge』

タグを見る

この作品は、2018年度 就職作品プレゼンテーション出展作品です。

作品分野

CG映像

作者名

川島 健太/CG映像学科

開発環境・使用ツール

After Effects・Photoshop・Maya・3dsMax・Nuke・Cinema4D・Boujou

作品コンセプト

Composite・VFX

作品のアピールポイント・注力したこと

コンポジット(合成)作品として、良い見た目になるように試行錯誤を繰り返して制作しました。 また、見やすいレイアウト・見せたい部分への視線誘導など、メリハリを特に意識して制作しています。

受賞歴

・ASIAGRAPH 入選
・学生CGコンテスト ナレッジ賞

制作にあたってHALで学んで活かせたこと

何より、周りの人たちの作品、またはその制作過程を学校で毎日のように見られるのは、自分のモチベーションを上げる上で、大きな助けになったと感じています。
こういった環境や機会は、学校という場でしか中々あるものではないと思うので、とても良かったと思っています。

※学科名・学年は作品制作当時。内定先は卒業年次、就職先は卒業時の実績。

就職作品プレゼンテーションとは

就職作品プレゼンテーションは、希望業界への就職をめざす卒業前年度の学生(4年制3年次、2年制1年次)のために、ゲーム・CG・映像・アニメ・デザイン・ミュージック・IT・WEBなどの各業界で人気上位の企業から、採用・開発・制作担当者を招き、学生が自ら作品をプレゼンテーションできる専門学校HAL独自のカリキュラムです。就職希望企業と直接話を聞けるチャンスのため、希望者は東京・大阪・名古屋の3地区どこでも参加ができます。(一定の条件あり)