学生作品「Student Works」

就職プレゼンテーション作品:CG映像分野 コンポジット、ライティング作品集/『ショットワーク』

タグを見る

この作品は、2018年度 就職作品プレゼンテーション出展作品です。

作品分野

CG映像

作者名

三好 優太/CG映像学科

開発環境・使用ツール

Maya・Substance Painter・Photoshop・Nuke・AfterEffects



受賞実績

  • ASIAGRAPH2018 学生アニメーション作品公募部門 最優秀賞 × 動画作品公募部門 準入選
  • 第24回学生CGコンテスト エンターテインメント部門 優秀賞
  • ISCA2018 国内映像コンテンツ部門 入選
  • 2018アジアデジタルアート大賞展FUKUOK』 学生カテゴリー動画部門 優秀賞

作品のアピールポイント・注力したこと

私は、特にチーム制作に注力して頑張ってきました。「プロダクションとしてのコンポジット」を行い、力をつけました。積極的に参加してきたコンテストの受賞実績もアピールにつながると思っています。

制作にあたってHALで学んで活かせたこと

プロダクションとしての工程を学ぶことで、チーム制作がスムーズになり完成まで導けました。
制作技術だけでなく、プロの現場でも活かせるようなプロダクション技術も身につけることが出来ました。

※学科名・学年は作品制作当時。内定先は卒業年次、就職先は卒業時の実績。

就職作品プレゼンテーションとは

就職作品プレゼンテーションは、希望業界への就職をめざす卒業前年度の学生(4年制3年次、2年制1年次)のために、ゲーム・CG・映像・アニメ・デザイン・ミュージック・IT・WEBなどの各業界で人気上位の企業から、採用・開発・制作担当者を招き、学生が自ら作品をプレゼンテーションできる専門学校HAL独自のカリキュラムです。就職希望企業と直接話を聞けるチャンスのため、希望者は東京・大阪・名古屋の3地区どこでも参加ができます。(一定の条件あり)