学生作品「Student Works」

就職プレゼンテーション作品:グラフィック分野『Laundrop』

タグを見る

この作品は、2018年度 就職作品プレゼンテーション出展作品です。

作品分野

グラフィックデザイン

作者名

阿部 真里奈/グラフィックデザイン学科

開発環境・使用ツール

Illustrator・Adobe Capture



作品のアピールポイント・注力したこと

コインランドリーに行くのが面倒。盗まれるのが怖い。
そんな憂鬱を抱えて、なんだかコインランドリーが好きになれない。
Laundropはそんな人のためにできたコインランドリーです。

最近のSNSと連携することでリアリティを高めたり、お店自体をブランド化することでリピーターを増やすことを試みたり、 コインランドリーに行くのが面倒という人が少しでも減るような戦略に注力しました。

制作にあたってHALで学んで活かせたこと

とにもかくにもビジュアル面を、人が見ても自分が見ても良いと思える客観視をできるようになったことが、作品に活かせたと思います。自分が最後まで楽しめるビジュアルで制作しました。

※学科名・学年は作品制作当時。内定先は卒業年次、就職先は卒業時の実績。

就職作品プレゼンテーションとは

就職作品プレゼンテーションは、希望業界への就職をめざす卒業前年度の学生(4年制3年次、2年制1年次)のために、ゲーム・CG・映像・アニメ・デザイン・ミュージック・IT・WEBなどの各業界で人気上位の企業から、採用・開発・制作担当者を招き、学生が自ら作品をプレゼンテーションできる専門学校HAL独自のカリキュラムです。就職希望企業と直接話を聞けるチャンスのため、希望者は東京・大阪・名古屋の3地区どこでも参加ができます。(一定の条件あり)