学生作品「Student Works」

就職プレゼンテーション作品:ロボット分野『MAGIC CUBE』

タグを見る

この作品は、2018年度 就職作品プレゼンテーション出展作品です。

作品分野

ロボット

作者名

小宮山 玲苑/先端ロボット開発学科

開発環境・使用ツール

Autodesk Inventor Professional 2018・XYZware・ダヴィンチ1.0・ArduinoIDE・Visual Studio code・BSch


作品のアピールポイント・注力したこと

CUBE同士は無接点給電モジュールを使用し、コネクタなどの接続の必要はありません。
通信はWi-Fiで行うことができ、それによりスマートフォンでの送信が可能です。
CUBE同士の接続の仕方を変えることにより動作します。

制作にあたってHALで学んで活かせたこと

プログラムの作成やCADによる設計、スケジュール管理を生かせたと思います。

※学科名・学年は作品制作当時。内定先は卒業年次、就職先は卒業時の実績。

就職作品プレゼンテーションとは

就職作品プレゼンテーションは、希望業界への就職をめざす卒業前年度の学生(4年制3年次、2年制1年次)のために、ゲーム・CG・映像・アニメ・デザイン・ミュージック・IT・WEBなどの各業界で人気上位の企業から、採用・開発・制作担当者を招き、学生が自ら作品をプレゼンテーションできる専門学校HAL独自のカリキュラムです。就職希望企業と直接話を聞けるチャンスのため、希望者は東京・大阪・名古屋の3地区どこでも参加ができます。(一定の条件あり)