学生作品「Student Works」

就職プレゼンテーション作品:高度情報処理分野『ShareMenu』

タグを見る

この作品は、2018年度 就職作品プレゼンテーション出展作品です。

作品分野

高度情報処理

作者名

小野 嵩征/高度情報処理学科

開発環境・使用ツール

Docker・Vue.js・Swift・Firebase etc.



作品のアピールポイント・注力したこと

10月に東京にインターンに行った際に、会社に社食がなかったので外食する機会が多くありました。その際に注文システムがない店や、あっても店ごとに違うので操作感が違うことなど、様々な課題を独自に見つけ、それらを解決するために今回の作品を制作しました。

iOSとWEBどちらもFirebaseを使いサーバーレスで制作しています。 Firebaseを使うことで複数のお店のメニューを登録しても同じレイアウトで表示されるようにしたので、お客様が初来店時でも複数のお店で操作方法に迷うことなく注文できます。

制作にあたってHALで学んで活かせたこと

就職作品に向けて制作し立案・企画したものは今回で4個目。制作期間は2ヵ月弱くらいですが、制作した中でもお気に入りの企画です。HALに入り1年生からシステムの設計技法やWEBやスマホアプリの実践的な開発手法などを学んでいたので、複数個の企画を立案し制作することができました。

※学科名・学年は作品制作当時。内定先は卒業年次、就職先は卒業時の実績。

就職作品プレゼンテーションとは

就職作品プレゼンテーションは、希望業界への就職をめざす卒業前年度の学生(4年制3年次、2年制1年次)のために、ゲーム・CG・映像・アニメ・デザイン・ミュージック・IT・WEBなどの各業界で人気上位の企業から、採用・開発・制作担当者を招き、学生が自ら作品をプレゼンテーションできる専門学校HAL独自のカリキュラムです。就職希望企業と直接話を聞けるチャンスのため、希望者は東京・大阪・名古屋の3地区どこでも参加ができます。(一定の条件あり)