学生作品「Student Works」

就職プレゼンテーション作品:ゲームデザイン分野『C.a.auratusカプセルマンション』

タグを見る

この作品は、2019年度 就職作品プレゼンテーション出展作品です。

作品分野

ゲームデザイン

作者名

叢 玉欣/ゲーム4年制学科 ゲームデザインコース

開発環境・使用ツール

【2D】
Photoshop・Adobe Illustrator・CLIP STUDIO・Adobe After Effects・Adobe Premiere Pro
【3D】
Maya・ZBrush・DAZ Studio・Marvelous Designer・KeyShot・3D-Coat・Substance Painter・Mari


作品のアピールポイント・注力したこと

この作品は、SFの近未来的な背景をモチーフに、ハードサーフェスの勉強と訓練を目的に挑戦しました。私はいつも、作品の「臨場感」を重視し、主人公と一体になっているように感じられる背景をつくることを意識しています。背景デザイナーやコンセプトアーティストの役割は雰囲気を引き立てることだと思うので、画面そのものがプレイヤーに語りかけるような作品を心がけています。
ローポリゴンのキャラクタモデリングについては、フィギュアの質感(粘土感)を目指して、リグの作成まで手がけました。

制作にあたってHALで学んで活かせたこと

3D技術を学習したくてHALに入学しました。ゲームについて幅広く学ぶことができ、2Dも3Dも修得できました。授業を通してものづくりに達成感を感じ、背景モデラーを目指すようになりました。すごい先輩と友達がたくさんいるので、たくさんアドバイスをもらえます。

※学科名・学年は作品制作当時。

就職作品プレゼンテーションとは

就職作品プレゼンテーションは、希望業界への就職をめざす卒業前年度の学生(4年制3年次、2年制1年次)のために、ゲーム・CG・映像・アニメ・デザイン・ミュージック・IT・WEBなどの各業界で人気上位の企業から、採用・開発・制作担当者を招き、学生が自ら作品をプレゼンテーションできる専門学校HAL独自のカリキュラムです。就職希望企業と直接話を聞けるチャンスのため、希望者は東京・大阪・名古屋の3地区どこでも参加ができます。(一定の条件あり)