HALニュース

TVCMソングを歌うReolがHALで特別講義!楽曲・映像制作の秘密を明かす

タグを見る

9/8(土)、姉妹校HAL東京の体験入学特別イベントとして、 2018年度TVCMソング「サイサキ」を歌うシンガーソングライター・Reolさんによる特別講義を開催しました。

まずは、HALのTVCMタイアップソング「サイサキ」の制作過程を教えていただきました。「サイサキ」のタイトルの意味についてReolさんは、「HALは夢の出発点。向かっていく方向に幸せが待っているように、という意味を込めて“サイサキ”というタイトルをつけた」と明かしました。



続いて、自身の楽曲制作について解説。作詞では、聴き心地の良さを意識して、韻を踏むことを大事にしているそう。作曲・編曲については、実際のプロジェクトデータを投影しながら、音をつくる順序やコーラスのつけ方などを細かく教えていただき、楽曲制作に興味のある参加者は興味津々の様子でした。



続いて語ったのは、ミュージックビデオについて。CGを多用した「サイサキ」と実写の「SAIREN」、異なる手法で制作された2つのMVを比較しながら説明いただきました。絵コンテや撮影時の写真など、貴重な資料を投影しながら、それぞれの撮影裏話を伺いました。
「MV制作の監督は、アーティストがやりたいこと、世間から期待されていることをどう具現化するかということを意識している」と、将来映像クリエイターを目指す参加者に向けてアドバイスとなるようなコメントもありました。

講義の最後には参加者に向けてReolさんからメッセージ。
「今日はオープンキャンパスとして参加している方が多いと思いますが、学校は入ったら終わりじゃない。すぐに成果が見えなくても、好きな気持ち・好奇心を持って、諦めずに学び続ける、やり続けることが大事。今日ここに来てくれた人の中で、ポリシーを持って好きなことを追求できるような人と、将来一緒に仕事ができたら嬉しいです。」


講義後には質問コーナーも設けられました。「座右の銘は?」「音楽を続ける原動力は?」といったことから「歌詞や映像を制作する際にイメージしている形や色はあるか?」といったプロ目線の質問も。Reolさん本人に直接質問できるとあって、様々な質問が飛び交いました。

将来クリエイターを夢見る参加者たちにとって、モチベーションにつながる講義となったようです!


■Reol
1993年11月9日生まれ。シンガーソングライター。ステージの演出からグッズのデザインまで、自身のアーティスト活動全般をセルフ・プロデュースするマルチ・クリエイター。