『産学直結ケーススタディ』

「ベリーグッドマン」が選ぶ学生デザインのグッズが大阪限定販売!表彰式を行いました

タグを見る

グラフィックデザイン学科の学生が取り組んでいる、大阪出身の3人組ボーカルユニット「ベリーグッドマン」の全国ツアーの大阪会場で販売されるグッズのデザイン制作。先日その採用作品を決める表彰式を、ベリーグッドマン来校のもと開催しました!



HALの学生が担当したのは缶バッジ2種とステッカー2種のデザイン。審査の結果、缶バッジには3年生の増田悠次さん、2年生の宮内仁巳さんのデザインが、ステッカーには2年生の岡田文さんと太田千裕さんのデザインが採用されました。

制作を終えて、メンバーのMOCAさんには「新しい僕たちの一面を、お客さんが見ているような角度からデザインしてもらえたことが幸せでした」と、Roverさんには「これからも切磋琢磨し合いながら、皆で最高のクリエイターになりたいと思えた企画でした」とのコメントをいただき、短い制作期間にも関わらず満足のいく作品を提出した学生たちを称えました。

学生デザインの缶バッジおよびステッカーは、全国ツアー『"てっぺんとるぞ宣言"ツアー2016-2017 〜超好感男の跳躍〜』のセミファイナルとなる12月30日の地元・なんばHatch公演で販売され、デザインが採用された学生はバックステージに招待されます!今後もてっぺんに向かって跳躍する、彼らと学生の活動から目が離せません。

 缶バッジデザイン 採用作品
副賞:大阪 なんばHatch公演 バックステージ招待

グラフィックデザイン学科3
増田 悠次


 学生コメント
とても驚きました。大阪限定販売なので大阪らしい「たこ焼き」という安直な考えで制作したのですが、採用されて良かったです。自分のデザインが商品となり、実際に販売されることはなかなか無いことだと思うのでとても嬉しいです。この経験を糧に今後も頑張っていきたいと思います。



グラフィックデザイン学科2
宮内 仁巳


 学生コメント
受賞した時は嬉しさもありましたが、ただただ驚くばかりで信じられませんでした。受賞できたのは、運や縁など人のご厚意が私につなげてくれたものだと感じました。そのようなご厚意に応えられるよう、今後はより一層精進し、ひとつ一つ丁寧に課題に取り組んでいこうと思います。



  ステッカーデザイン 採用作品
副賞:大阪 なんばHatch公演 バックステージ招待

グラフィックデザイン学科2
岡田 文


  学生コメント
ゆるさ重視で、親しみやすく、日常生活でも身につけられたらいいなと思いデザインしました。“選ばれる”ではなく、“選ばせる”くらいの気持ちで考えたので、選んでいただけて本当に嬉しいです。



グラフィックデザイン学科2
太田 千裕


  学生コメント
自分が作ったものが世に出るのは初めてなのでとても嬉しいです!これはベリーグッドマンさん3人の特徴を1つにまとめたキャラクターです。ファンの方々の反応が気になりますが、精一杯つくったので買っていただければ幸いです。本当にいい経験ができました。選んでいただき、ありがとうございました!


ベリーグッドマン プロフィール
2013年11月に結成した「Rover」「MOCA」「HiDEX」からなる大阪出身の3人組ボーカルユニット。結成後、彗星のごとくシーンに出現し活動1年間で3枚の作品をリリースする。そしてその全てが軒並みiTunesチャート上位にチャートイン!2016年3月に「ありがとう〜旅立ちの声〜」でユニバーサルミュージックからメジャーデビュー。10月5日にはメジャー1stアルバム「SING SING SING 4」をリリース。3声の美しすぎるハーモニーとラップ、秀逸なトラック、リリックが世代を越えた共感を呼んでおり、次世代を牽引するアーティストの呼び声が高い。2016年春の全国ツアーでは大阪BIGCATをSOLD OUT!秋の全国ツアーでは恵比寿リキッドルーム、なんばHatchなど全国12か所を予定。元広島カープの前田健太投手やオリックス・バッファローズのT-岡田選手、西武ライオンズの増田達至投手など、多くのプロ野球選手にも登場曲などで彼らの楽曲が使用されている。今後更に黄金トリニティを築き、オンリーワンでナンバーワンを目指すアーティスト。
https://berrygoodman.com/