圧倒的な「コンテスト実績」

エンターテインメント部門で最優秀賞を獲得!『第25回学生CGコンテスト』

タグを見る

CGのみならず、ゲームやアニメーションなど、アートとエンターテインメントの分野で学生作品を表彰する『第25回学生CGコンテスト』において、HALの学生が制作したゲーム作品が最優秀賞に輝きました!全国の大学・専門学校から集まった330作品の中から、審査員の高い評価を得ての受賞となりました。※HAL大阪・HAL東京・HAL名古屋の3校実績

ゲーム作品による最優秀賞獲得は「学生CGコンテスト史上初」の快挙だそうですが、さらに今回受賞した『ORBITS』という作品は、『日本ゲーム大賞2019 アマチュア部門』大賞受賞作品でもあります。ゲーム・CGにおける若手クリエイターの登竜門的コンテストを両方制覇し、学生の実力を存分に発揮しました。

エンターテインメント部門 最終審査会の様子はこちら

  エンターテインメント部門 最優秀賞(Campus Genius Award PLATINUM
作品名:『ORBITS
制作メンバー:曽根 麟、市原 彰真、平屋 孝樹、和田 拓人、徐 一帆、呉 高宇、呉 詩絵

作品説明:「☆」の周回軌道を使うパズルゲームです。3色(赤・青・緑)の「☆」が1つに合体し白い「☆」となるとゲームクリアとなり、「☆」が壁に当たらず周回軌道から外れるかクリア不可能状態になると失敗です。3色の「☆」を合体させるためにはタイミング良く周回軌道を変える必要があり、ステージの性質を理解しどう解くかがこのゲームの鍵となります。ステージをクリアすると星座の謎が解けていきます。全40ステージ+エクストラステージをクリアし星座の謎を解き明かしましょう。


審査員講評:
シンプルな操作性、ギミックの使い方やモーションのつくり込み、グラフィックの鮮明さとおしゃれさ、音の使い方など、様々な観点で総合点の高い作品です。ゲームデザインが非常に優秀で、数あるゲームの応募作品の中でも頭一つ抜けており、文句なしの最優秀賞受賞です。(最終審査会の審査員コメントより)

学生CGコンテスト(主催:公益財団法人 画像情報教育振興協会(CG-ARTS))
CGのみならずアート、デザイン、アニメーション、映像、ゲーム、ウェブ、アプリ等幅広いジャンルの学生作品を募集し、アート部門とエンターテインメント部門の2部門で評価を行うコンテスト。

   HAL大阪オープンキャンパス  
ゲームクリエイターを目指すならHAL!プロ用の機材でゲーム開発を体験しよう!
申込みはコチラ