圧倒的な「コンテスト実績」

専門学校で唯一!「カーモデルエキシビジョン2016」でプロのカーモデラーが直接指導!

タグを見る

日本カーモデラー協会が主催するカーデザイナーの登竜門「カーモデルエキシビジョン2016」が、今年も開催されました!プロのカーモデラーから丸1日かけて直接指導いただくことができる貴重な機会だけに、超難関とされる本コンテスト。今回は日本全国の大学・専門学校からアイディアが集まる中、選ばれた8作品のうち4作品をHALの学生が占め、専門学校からは唯一の選出となりました。

 

プロのカーモデラーと1組になって1/5サイズ立体モデルを造形するプログラム「学生デザインチャレンジ」には、アイディア作品が選出されたカーデザイン学科3年の張兆文さんが参加。また、プロのカーモデラーが1/5モデルを使って学生に実技・レクチャーするプログラム「モデラー育成講座」には、カーデザイン学科1年の渡辺慎也さんが参加しました。

モデラーと協力しながらデザインスケッチから車を立体化していく、プロの作業工程を体験した学生たち。自分の働く姿をイメージできたことが、カーデザイナーを目指す学生にとって将来の大きな自信に繋がったようです。

  学生デザインチャレンジ
カーデザイン学科3年  張 兆文
指導カーモデラー:(株)本田技術研究所 四輪R&Dセンター 吉田 翔平氏(左)、木本 達也氏(右)

 

  モデラー育成講座
カーデザイン学科1年  渡辺 慎也
指導カーモデラー:日産自動車(株) 河谷内 肇氏

  学生コメント
普通のセダンとは形が違ったので、面がどういった形状になっているのかをスケッチから読み取るのが難しかったのですが、河谷内さんの指導のおかげで読み取れるようになりました。同じスケッチを見ているにも関わらずプロモデラーは視点が違い、物をよく見ることの大切さを知りました。プロの長い実践経験がなければ分からないことも、その場で直接聞いてすぐに体験できたことがとても良い経験になりました。

専門学校で唯一!日本カーモデラー協会主催「カーモデルエキシビジョン2016」で8作品中4作品がHAL!

カーデザイン学科 特設サイト