圧倒的な「コンテスト実績」

専門学校で唯一の受賞!「国際学生EV超小型モビリティデザインコンテスト2015」

タグを見る

一般社団法人 電気自動車普及協会が主催する第2回「国際学生EV超小型モビリティデザインコンテスト2015」にて、カーデザイン学科4年の林貴之さん、濱場大征さんが優秀賞(丸紅情報システムズ賞)を受賞しました!

今回コンテストには国内・海外合せて7ヵ国44校98チームが参加し、最終選考に残ったのはわずか6チーム。そのうち専門学校からの受賞はHALのみという快挙となりました。

超小型モビリティとは、自動車よりコンパクトで小回りが利き、環境性能に優れ、地域の手軽な移動の足となる1人〜2人乗り程度の車両のこと。導入・普及により、CO₂の削減のみならず、観光・地域振興、都市や地域の新たな交通手段、高齢者や子育て世代の移動支援などの多くの副次的便益が期待されています。


入賞した学生には、昨年東京ビッグサイトで行われた東京モーターショー内、「SMART MOBILITY CITY 2015」の会場でコンセプトポスターが展示されたほか、後日、丸紅情報システムズ賞の副賞として3Dプリンターで制作した作品模型が進呈されました。

  優秀賞 (丸紅情報システムズ賞) [副賞: 3Dプリンターで製作した模型]

チーム

TAKAYUKI HAYASHI

メンバー

林 貴之 (カーデザイン学科4年)
濱場 大征 (カーデザイン学科4年)

学生コメント

今現在のEVが抱えている問題を解決するのではなく、乗って楽しいEVを提案することで利用者を増やし、その普及とインフラ整備の促進につなげる方向からアプローチを行いました。最終的には車とバイクを融合し、これまでにはないパッケージで「乗り方を選択できるワクワク」「新しい使い方を創造するワクワク」などすべての人にワクワクを提供するEVにしました。自分の子どもや祖父母などの家族、恋人と一緒に乗っているシーンをイメージして楽しそうだと思っていただけたら嬉しいです。