学生作品「Student Works」

就職プレゼンテーション作品:ゲームデザイン分野『クリエイターとして生きる』

タグを見る

この作品は、2018年度 就職作品プレゼンテーション出展作品です。

作品分野

ゲームデザイン

作者名

孫 イヒ/ゲーム4年制学科 ゲームデザインコース

開発環境・使用ツール

Maya・Zbrush・Substance Painter・Photoshop


制作にあたってHALで学んで活かせたこと

クリエイティブな造形が得意で、特にZbrushでのモデリングが好きです。綺麗なトポロジーやインパクトのある造形になるよう工夫しています。

それに加えて、プレイヤーやお客さんの心を動かすような、ゲームづくりへの憧れを詰め込みました。 世界観があるクリエイティブな物を詰め込んで、見てて面白い!楽しい!印象に残る作品づくりを目指しています!

作品のアピールポイント・注力したこと

私は元々2D志望でしたが、HALで幅広い授業を受けてから、3Dの楽しさと達成感を味わって、モデラーを目指すようになりました。先生方のアドバイスのおかげで、作品をさらにブラッシュアップすることができました。作品を制作する中で、考え方や人柄も成長できていると思います。

※学科名・学年は作品制作当時。内定先は卒業年次、就職先は卒業時の実績。

就職作品プレゼンテーションとは

就職作品プレゼンテーションは、希望業界への就職をめざす卒業前年度の学生(4年制3年次、2年制1年次)のために、ゲーム・CG・映像・アニメ・デザイン・ミュージック・IT・WEBなどの各業界で人気上位の企業から、採用・開発・制作担当者を招き、学生が自ら作品をプレゼンテーションできる専門学校HAL独自のカリキュラムです。就職希望企業と直接話を聞けるチャンスのため、希望者は東京・大阪・名古屋の3地区どこでも参加ができます。(一定の条件あり)