学生作品「Student Works」

就職プレゼンテーション作品:ゲーム企画分野『Inspire』

タグを見る

この作品は、2018年度 就職作品プレゼンテーション出展作品です。

作品分野

ゲーム企画

作者名

村上 純一/ゲーム4年制学科 ゲーム企画コース

開発環境・使用ツール

Illustrator




作品のアピールポイント・注力したこと

「遊びの面白さ」だけに留まらず、「遊びの広がり」や「売り方」まで考えています。1つのアクションで「発見する喜び」を何度も感じてもらうために、「膨らませることによって何ができるのか」「どういう膨らみ方をするのか」の具体例を複数挙げ、「遊びの広がり」の可能性を見せています。

また、遊びの面白さがパッと見て伝えられるよう、情報の関連性・重要性・連続性をグラフィカルにまとめています。

このゲームは去年実際にチームで制作し、校内コンテストで賞を受賞しています。数多くの同期、先輩、後輩、先生、OBOG、企業の方に遊んでいただき、その感想やリアクション、フィードバックを活かすことで、企画書のブラッシュアップに繋がりました。

制作にあたってHALで学んで活かせたこと

何より、刺激し合えるライバルが多いことです。そんな環境だからこそ、自分の立ち位置・強み弱みを自覚でき、改善・強化に繋げてきました。

また、「伝わる企画書」をつくるには多くの人に見せ反応を見ることが手っ取り早く、且つ最も確実です。先生やOBOG、企業の方など実際にゲーム業界で活躍されている方に企画書を見せる機会が多く、ゲームの面白さだけでなく遊びの広げ方や売り方まで考えるきっかけをいただきました。ありがとうございました。

※学科名・学年は作品制作当時。内定先は卒業年次、就職先は卒業時の実績。

就職作品プレゼンテーションとは

就職作品プレゼンテーションは、希望業界への就職をめざす卒業前年度の学生(4年制3年次、2年制1年次)のために、ゲーム・CG・映像・アニメ・デザイン・ミュージック・IT・WEBなどの各業界で人気上位の企業から、採用・開発・制作担当者を招き、学生が自ら作品をプレゼンテーションできる専門学校HAL独自のカリキュラムです。就職希望企業と直接話を聞けるチャンスのため、希望者は東京・大阪・名古屋の3地区どこでも参加ができます。(一定の条件あり)