学生作品「Student Works」

就職プレゼンテーション作品:ゲームプログラム分野『レンダリングラボ』

タグを見る

この作品は、2019年度 就職作品プレゼンテーション出展作品です。

作品分野

ゲームプログラム

作者名

彭 海涛/ゲーム4年制学科 ゲーム制作コース

開発環境・使用ツール

C/C++・OpenGL・Leap Motion SDK



受賞実績

  • HAL EVENT WEEK(進級制作展) 技術力賞
  • HAL EVENT WEEK(進級制作展) ビジュアル賞
  • HAL三校合同学内コンテスト 意欲賞
  • HAL三校合同学内コンテスト 銅賞

作品のアピールポイント・注力したこと

最新技術の論文を調べて、最新のゲームで使用されているシェーダーを再現した作品をつくりました。

  • PBR(IBL、異方性スペキュラー、Multiple-Scattering、Subsurface Scatteringなど)
  • クラスタードフォワードシェーディング
  • パーティクルシステム
  • ジェスチャー操作

制作にあたってHALで学んで活かせたこと

HALに入学してベースとなる知識をしっかり固められたので、新しい技術へと発展させることがスムーズに行えました。これからもさらに頑張りたいと思います。

※学科名・学年は作品制作当時。

就職作品プレゼンテーションとは

就職作品プレゼンテーションは、希望業界への就職をめざす卒業前年度の学生(4年制3年次、2年制1年次)のために、ゲーム・CG・映像・アニメ・デザイン・ミュージック・IT・WEBなどの各業界で人気上位の企業から、採用・開発・制作担当者を招き、学生が自ら作品をプレゼンテーションできる専門学校HAL独自のカリキュラムです。就職希望企業と直接話を聞けるチャンスのため、希望者は東京・大阪・名古屋の3地区どこでも参加ができます。(一定の条件あり)