学生作品「Student Works」

就職プレゼンテーション作品:高度情報処理分野『FOODS CLOSET』

タグを見る

この作品は、2019年度 就職作品プレゼンテーション出展作品です。

作品分野

高度情報処理

作者名

粟津 由香/高度情報処理学科

開発環境・使用ツール

Mac・Android Studio・SublimeText・Visual Studio Code
Android・Java・MySQL・PHP・Bootstrap・jQuery・GitHub・Firebase・Adobe XD





作品のアピールポイント・注力したこと

Foods Closet 略してフークロはNATURAL FOODS(ECサイト)が提供しているアンドロイドアプリケーションです。
このアプリケーションではECサイトで購入した食品の賞味/消費期限を登録するだけで食品の期限管理ができます。 また独自機能として期限内の食品に限りますが、任意の子ども食堂に寄付することができます。
今回、食品の寄付先を子ども食堂限定にした理由は「子ども食堂の急増」という問題と家庭からの食品廃棄ロスの多さにあります。子ども食堂は1年間で約1.6倍増加していると言われている一方で、資金難から食材や人手の不足により継続が困難になり閉めてしまう食堂も多く、今支援を必要としています。
世界的な天候不良により食糧難の時代が来る可能性が高いので、この作品と通して少しでも今ある食品を個人レベルで大切にしていただけるきっかけになれば幸いです。

制作にあたってHALで学んで活かせたこと

私自身はHALに入学してからプログラミングを始めたのですが、1年次から個人制作やチーム制作があり、それらを経験する中で企画・設計・コーディング技術、スケジュール管理など必要な知識、能力を身につけることができます。就職作品は作品の企画・設計・コーディングまで全て個人で行いますが、企画立案時に先生からフィードバックも得られるので、よりクオリティの高い企画を立てることができます。また、インターンシップを通して、実際のI T企業で1ヶ月間、実践的なことを学べたことも今回とても役に立ちました。

※学科名・学年は作品制作当時。

就職作品プレゼンテーションとは

就職作品プレゼンテーションは、希望業界への就職をめざす卒業前年度の学生(4年制3年次、2年制1年次)のために、ゲーム・CG・映像・アニメ・デザイン・ミュージック・IT・WEBなどの各業界で人気上位の企業から、採用・開発・制作担当者を招き、学生が自ら作品をプレゼンテーションできる専門学校HAL独自のカリキュラムです。就職希望企業と直接話を聞けるチャンスのため、希望者は東京・大阪・名古屋の3地区どこでも参加ができます。(一定の条件あり)