学生作品「Student Works」

就職プレゼンテーション作品:CG映像分野『皆のための作品を作ろう。』

タグを見る

この作品は、2019年度 就職作品プレゼンテーション出展作品です。

作品分野

CG映像

作者名

朴 正桓/CG映像学科

開発環境・使用ツール

Maya・After Effects・Premier・Nuke・Photoshop・Arnold・Vray・Houdini



作品のアピールポイント・注力したこと

私は全体的に見る人が楽しんでくれる、印象に残る作品をつくるのが目標でした。就職作品プレゼンテーションには皆が好きそうな映画やゲームのイメージカットをつくりました。ビジュアルのクオリティも大事ですが、一番注力した所は展開、画作りです。それによって音楽と合わせて感動を与えることができたと思います。

制作にあたってHALで学んで活かせたこと

HALでは色んなグループ制作を行っていますが、そこでチームメンバー同士お互い勉強し、自分が気づかなかった部分を補うことができました。最近はチュートリアルでも独学ができると思いますが、HALには現場で活躍した先生や先輩たちから様々な情報とアドバイスをもらえるので、自分の成長が何倍も早くなったと感じました。

※学科名・学年は作品制作当時。

就職作品プレゼンテーションとは

就職作品プレゼンテーションは、希望業界への就職をめざす卒業前年度の学生(4年制3年次、2年制1年次)のために、ゲーム・CG・映像・アニメ・デザイン・ミュージック・IT・WEBなどの各業界で人気上位の企業から、採用・開発・制作担当者を招き、学生が自ら作品をプレゼンテーションできる専門学校HAL独自のカリキュラムです。就職希望企業と直接話を聞けるチャンスのため、希望者は東京・大阪・名古屋の3地区どこでも参加ができます。(一定の条件あり)