学生作品「Student Works」

就職プレゼンテーション作品:CG映像分野『VFXアーティストを目指して』

タグを見る

この作品は、2019年度 就職作品プレゼンテーション出展作品です。

作品分野

CG映像

作者名

金原 凌央/CG映像学科

開発環境・使用ツール

Maya・ZBrush・Nuke・Substance Painter・Mari・After Effects・Photoshop




作品のアピールポイント・注力したこと

誰が見ても、驚くような作品づくりを意識して制作しています。完成映像のクオリティを上げるために、できるだけ細かくつくりこんでいます。

制作にあたってHALで学んで活かせたこと

周りが切磋琢磨している環境があったので、それに引っ張られて自分も制作に打ち込む事ができました。また、制作に関して質問した内容に対して、先生から細かく回答してもらえるので大変助かりました。

※学科名・学年は作品制作当時。

就職作品プレゼンテーションとは

就職作品プレゼンテーションは、希望業界への就職をめざす卒業前年度の学生(4年制3年次、2年制1年次)のために、ゲーム・CG・映像・アニメ・デザイン・ミュージック・IT・WEBなどの各業界で人気上位の企業から、採用・開発・制作担当者を招き、学生が自ら作品をプレゼンテーションできる専門学校HAL独自のカリキュラムです。就職希望企業と直接話を聞けるチャンスのため、希望者は東京・大阪・名古屋の3地区どこでも参加ができます。(一定の条件あり)