HALニュース

アメリカ・カナダのクリエイティブを学ぶ!校費留学生が決定

タグを見る

国際感覚を体得し、専門分野をグローバルな視野で判断できるスペシャリスト育成を目的に行っているHALの校費留学制度。この制度を魅力に感じ、入学する人も少なくありません。2016年度は個性豊かな校費留学生2名を紹介します!

ゲーム制作学科 / 小西 周人
留学先: モンゴメリーカウンティコミュニティカレッジ (Montgomery County Community College) [アメリカ]

ゲームをオリンピック競技に

世界で通用するゲームクリエイターを目指す小西さん。学内交流行事でリーダーを務めたり、HALで脱出ゲームを主催したりと、クラスの垣根を越えたリーダー役を担っています。彼の発想の数々が画面の中のゲームに留まらないのは、「世界中の人々を楽しませたい」という精神が小西さんの中に根付いているから。VRやe-sportsに興味があり、ゆくゆくはゲームをオリンピック競技にしたいという小西さん。その野望を胸に、アメリカへ旅立ちます。

  コメント

とても嬉しいです!夢に大きく近づき、来年アメリカに留学行くなんて今でも信じられません。不安もありますが、それ以上に貴重な経験が出来るのが楽しみ!という思いの方が強いです。採用までにたくさんの教官方にプレゼンを見てもらい、アドバイスをいただき本当に感謝しています。

CG映像学科 / ヘルマン ヒメネス パスクアル
留学先: バンクーバーフィルムスクール (Vancouver Film School) [カナダ]

スペインから東京、そしてカナダへ

映画監督を目指すスペイン人のヘルマンさん。実はNHKのスペイン講座にゲスト出演もしたことのある、HALのちょっとした有名人です。スペイン大使館のサッカー代表キャプテンやスペイン祭りのオーガナイザーなど多才な顔を持ち、母国語のスペイン語以外に、英語と日本語、フランス語を操るマルチリンガル。オスカー受賞の夢に向かって、世界からHALへ、そしてHALから世界へと羽ばたきます。

  コメント

結果が出た日に喜びすぎてトイレに行って20分くらい泣きました。HALを卒業しても映画の勉強を続けたくて、子どものころから抱いていた映画監督になる夢を叶えるために、留学を志望しました。そのチャンスがまさに今、やってきました!たくさん努力をして、死ぬ気で頑張りたいと思います!


校費留学制度とは・・・

HALでは、欧米への校費留学制度を設けています。留学に必要な入学手続や渡航費・入学金・学費(1年間分)は学校が支給。国際感覚を体得し、専門分野をグローバルな視野で判断できるスペシャリストの育成を目的としています。

詳しくはこちら