HALニュース

プロの世界へはばたく!HALの「2017年度春期卒業式」が行われました!

タグを見る

2017年度春期卒業式がザ・シンフォニーホールにて行われました。
当日は卒業証書授与の他、各賞の表彰も行われました。在学中に多くの資格を取得した学生に贈られる『ライセンス・オブ・ザ・イヤー賞』には、先端ロボット開発学科の鈴木政輝さんが輝きました。応用情報技術者試験など、難度の高い国家資格を含む幅広い分野で9の資格を在学中に取得しました。
作品制作において優れた成績を収めた学生に贈られる『クリエイター・オブ・ザ・イヤー賞』には、ゲーム制作学科のイレネ ヘルセノウイス ハソさんが輝きました。『日本ゲーム大賞2016 アマチュア部門』大賞・優秀賞のW受賞をはじめ、学内の進級コンテストでも多くの賞を受賞した実績を評価されての受賞となりました。


また、「創造性教育」を謳うHALらしい賞といえるのが『ユニーク賞』。成績や受賞歴に関わらず、その人のたぐいまれなる個性と才能を評価して贈られます。本年度は、ゲーム企画学科の小嶋海さんが受賞。自分の「好きなもの」に対する情熱と行動力を評価されての受賞となりました。


HALの歴代卒業生の中から、近年最も国内外において活躍したと思われる卒業生を表彰する『BIG HAL大賞』は、1998年度卒業の植田尚さんが受賞しました。植田さんには、賞状と副賞として賞金50万円が贈られます。


  BIG HAL大賞

植田 尚 (1998年度卒業)

卒業後、ゲーム会社で腕を磨き、2011年に任天堂株式会社へ入社。入社後は企画制作部に所属し、多くの看板タイトルで技術サポートを担当。昨年3月発売の人気タイトル『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』では、VFXプログラムを担当しました。その革新的な技術を評価され、世界最高のゲームアワード「ザ・ゲームアワード2017」において「ゲーム・オブ・ザ・イヤー」を受賞。日本最大のゲーム開発者向けカンファレンスである「CEDEC2017」ではエフェクト制作について講演も行っています。



長いようで短く、想い出のたくさん詰まった学生生活を終える学生たち。卒業おめでとうございます!今後のプロとしての活躍を期待しています。