『産学直結ケーススタディ』

世界に向けて発売開始!HAL学生チームが制作したゲーム『Relic: Alone』

タグを見る

HALの学生チームが制作したパズル&アクションゲーム『Relic: Alone』(レリック:アローン)が、世界的なPCゲーム販売サイト「Steam」で11月27日より発売となりました。

このゲームを制作したのは、2013年に日本ゲーム大賞アマチュア部門の優秀賞を獲得した精鋭チーム「ロコニロ Project」。『Relic: Alone』は、受賞後に同メンバーが第2弾として制作した作品です。


『RELIC: ALONE』とは?

ステージ内にある『レリック』と呼ばれるブロックを集めるパズル&アクションゲーム。 開発にあたっては、「株式会社NTTぷらら」が次世代のゲーム産業を担う人材育成支援プロジェクトとしてサポート。現在は、同社が運営する会員数300万超の総合エンターテインメントサービス「ひかりTV」で配信中です。

そして今回、より多くの方に楽しんでいただけるよう『RELIC: ALONE』がPCゲーム販売サイト「Steam」で世界に向けて発売となりました。25ヵ国語に対応する同サイトには、早くも国内外から感想が寄せられています。

HAL『RELIC: ALONE』制作チーム 「ロコニロProject」

牧山 拓斗/水嶋 悟史/小林 進/谷 和哉/上地 冬馬/霜浦 友希/船江 莉菜/朝山 晃成/小山 暁継/福士 達哉
©2014 RoconiloProject All Rights Reserved.

Steamとは?

世界最大級のPCゲームダウンロード販売のプラットフォーム。日本語を含め25ヵ国語に対応。海外・国内大手ゲームメーカーの作品からマイナーな独立系ディベロッパーの作品まで、様々なPCゲームを3,500以上取り扱っている。(2015年12月現在)
『RELIC: ALONE』ページはコチラ