『産学直結ケーススタディ』

オラクルの業務支援システム開発を実施しています!

タグを見る

世界145カ国以上でソフトウェア製品、ハードウェア製品をはじめそれらを利用する際のソリューション、コンサルティングなどを提供するオラクル・コーポレーション。その日本法人である日本オラクル株式会社とHALは産学連携プロジェクトを実施。オラクル社員はもとより、オラクルの顧客の方にも実際に使用される業務支援システムの開発を行っています。

今回のプロジェクトを担当するのは高度情報処理学科の学生たち。研修サービスや認定資格などを担当する部署であるオラクルユニバーシティをクライアントとして、「スキルチェックシステム」を開発します。この「スキルチェックシステム」は業務支援システムの1つで、研修導入の際にその研修が適正なのかを確認する一種のオンラインテストです。
今回はグループにわかれて開発を行い、最も高い評価を受けたチームのシステムが採用されます。

今回のプロジェクトに対して求められたのは「スキルチェック結果レポートの可視化」「業務の効率化」「ユーザの使いやすさ」など。システム提案をする上で「そのシステムが導入されると、顧客にどのようなメリットをもたらすか」を最も重視しながらも、「プロジェクトには期限がある」ことを忘れてはならないとアドバイスを受けました。
また先日行われた中間プレゼンテーションでは、使いやすさ、データ管理の方法、画面の見やすさなどについて、まさにプロの視点で厳しくも具体的な指摘を受けました。

今回のプロジェクトを通して、学生たちはシステム開発技術のみならず、スケジュール調整や要件定義などプロジェクト管理能力も身につけてゆきます。