圧倒的な「コンテスト実績」

カプコンのサポートで校内Game Jamを実施!2日間でゼロからゲーム制作!

タグを見る

多数の参加者が時間内にゲームを制作し完成度を競うイベント、“Game Jam”。いまや国内はもちろん、世界でも大きな広がりを見せ、ゲーム開発企業のインターンシップとして開催されることもあります。このたび株式会社カプコンからサポーターを迎えて校内Game Jamを実施、ゲーム学部の学生がその実力を競いました。

与えられた時間はわずか2日間。4名ずつのグループで、プログラミング、グラフィック、音楽、効果音をすべて完成させるには、チームワークも問われます。

2日間かけて完成した約30作品の中から、カプコンの審査員が6作品を選出。それぞれのプレイ方法を制作チームが説明し、全員で試遊しました!



投票の結果最優秀作品に選ばれたのは、『爆走ジャンパー』。サポーターを務めたカプコンの方からは、「ビジュアルに力をかけたチームが多い中、ゲームを楽しめるプログラミングがしっかりしていて良かった」と評価いただきました。

また、「企業でのゲーム制作も、このようにたくさんの試作の中から選ばれたゲームが世に出ていく。今回のGame Jamは、業界で働くイメージを持つことにつながったのではないか。チームメンバーとの協業も、学ぶことが多かったと思う。チームワークはゲーム制作に欠かせないので、これからも大事にして欲しい。」と総括いただきました。