スペシャルゼミ

話題の「SUPER MARIO RUN」「Switch」の話も!任天堂の宮本茂氏がHALで特別講義

タグを見る

ゲーム業界のトップランナーとして、今日まで世界中のゲームファンを虜にしてきた任天堂株式会社。代表取締役クリエイティブフェローを務め、「スーパーマリオ」や「ゼルダの伝説」、「ドンキーコング」シリーズの生みの親である宮本茂氏をHAL東京にお招きし、特別講義を行いました!


檀上に用意されたのは、自宅をイメージしたようなリビングセット。ヨッシーのぬいぐるみを相棒に、リラックスした雰囲気でゲーム制作について語っていただきました。アシスタントは、宮本氏から「どちらかと言うとルイージじゃない?」と突っ込みの入った学生マリオが務めました。


講義は学生からの質問に宮本氏が答える形式で進行し、「ゲーム制作で大事にしていることは?」といった質問から学生にとって大事な就職活動について、さらには宮本氏の代名詞ともいえる「ちゃぶ台返し」の話までお聞きしました。時折ゲーム好きな学生の心をくすぐるようなユーモアを交えて話す様子は、ゲームの世界だけでなく人を楽しませることが好きな宮本氏の人柄を感じさせました。


後半は、スマートフォンで楽しめるマリオシリーズとしていま話題の「スーパーマリオラン」や大人世代の心を鷲づかみにした「ニンテンドークラシックミニファミリーコンピュータ」、発売を前に注目が集まる「ニンテンドースイッチ」といった最新のゲーム業界事情についてもいち早く語っていただきました。


最後に宮本氏は「批判されても動じない、自分が良いと思ったら批判されてもやる人間になってほしい」と未来のゲームクリエイターたちにエールを送り、学生も夢のような時間にとても満足した様子でした。