HALニュース

サイバー適塾「人間力養成講座」でHAL東京・鶴保校長が特別講義を行いました

タグを見る

サイバー適塾では「国際社会に通用するパワフルなリーダー」の養成のため、関西経済同友会を中心に、実学に長けた企業経営者が講師となって勉強会を開催されています。
このサイバー適塾のカリキュラムの一環として開催される「人間力養成講座」において、HAL東京の鶴保征城校長が特別講師を務め、関西有数の企業から塾生の皆様が講義に参加しました。

鶴保校長は、NTTソフトウェア株式会社 代表取締役社長や、社団法人情報処理学会 会長などを歴任してきた経験から、技術革新がもたらす「IT大航海時代」における人材育成について語りました。
中でも、「これからの社会には、ビジネス全体のファシリテーターとして活躍できる『デザイン思考』を持ち、『地図を読む』よりも『羅針盤を使いこなす』人材が必要とされている」という言葉が印象的でした。

講義の後には、イノベーションの起こし方やテクノロジー人材の育て方など多くの質問が飛び交い、今後の日本経済を担う参加者の方々にとって有意義な時間となったようです。