HALニュース

夢見たプロの世界へ飛び立つ!HAL東京「2018年度春期卒業式」が行われました!

タグを見る

2018年度春期卒業式が文京シビックホールにて行われました。
当日は卒業証書授与の他、難度の高い国家資格を含む多くの資格を取得した学生に贈られる『ライセンス・オブ・ザ・イヤー賞』、作品制作において優れた成績を収めた学生に贈られる『クリエイター・オブ・ザ・イヤー賞』など、HALならではの賞が発表され、学生の栄誉を称えました。


また、「創造性教育」を謳うHALらしい賞といえるのが『ユニーク賞』。成績や受賞歴に関わらず、その人のたぐいまれなる個性と才能を評価して贈られます。本年度は、WEB学科の森岡直浩さんが受賞しました。

HALの歴代卒業生の中から、近年最も国内外において活躍したと思われる卒業生を表彰する『BIG HAL大賞』は、2006年度卒業の藤井知晴さんが受賞しました。藤井さんには、賞状と副賞として賞金50万円が贈られます。


HALでの学びを終え、夢見た世界に飛び込んでいく学生たち。
皆さん、卒業おめでとうございます!今後の活躍も応援しています。


BIG HAL大賞
藤井 知晴 (2006年度卒業)
在学中に制作した作品「バトルクエスト」が『日本ゲーム大賞2007 アマチュア部門』で大賞を受賞。2007年にHALを卒業後、ゲーム制作会社での著名タイトルの開発を経て、インディーゲーム開発チーム「DESK WORKS」を設立。「バトルクエスト」をきっかけに、構想11年以上、制作期間6年をかけて創り上げた渾身の作品「RPGタイム!~ライトの伝説~」 は『東京ゲームショウ2018』において、世界各国300作品以上のインディーゲームの中からグランプリに選ばれた。



ライセンス・オブ・ザ・イヤー賞
高度情報処理学科(現:高度情報学科 高度情報処理コース)
皆川 大樹
応用情報技術者試験、データベーススペシャリスト試験、ネットワークスペシャリスト試験など、難度の高い国家資格を含むIT系の資格を在学中に多数取得。その知識を活かし、卒業後はシステムエンジニアとしての活躍が期待される。

クリエイター・オブ・ザ・イヤー賞
CG映像学科
喜多 隼人
学内コンテストで多数受賞したほか、『DigiCon6 JAPAN 2017』JAPAN Dizzy Award、『ASIAGRAPH2017』優秀賞、『第23回学生CGコンテスト』PARTNER AWARDを受賞。デジタル・フロンティアへの就職が決まっており、今後の活躍も期待される。