IT・CG・ゲームの専門学校 HAL大阪TOP

パスワードのいらない世界へ。セキュリティの最前線を学ぶ、NTTドコモ 森山光一氏の特別講義を実施

パスワードのいらない世界へ。セキュリティの最前線を学ぶ、NTTドコモ 森山光一氏の特別講義を実施しました

タグを見る

株式会社NTTドコモより、チーフ セキュリティ アーキテクト 経営企画部 セキュリティイノベーション統括 コーポレートエバンジェリスト 森山光一氏をお迎えし、IT学部の学生を対象に特別講義を開催しました。

NTTドコモは、国内シェアNo.1の通信キャリアとして、携帯電話サービスなどの通信事業、動画・音楽配信サービスや金融・決済サービスなどのスマートライフ事業を展開。「あなたと世界を変えていく。」のスローガンのもと、高品質なネットワークを提供してきた同社ならではの5GやXR事業なども展開しています。

森山氏は、GoogleやAppleなどの世界的企業が参加する「FIDOアライアンス※」執行評議会・ボードメンバーで、日本における「パスワードレス認証」のキーパーソンです。講義では、フィッシング詐欺対策とパスワードに代わる「パスキー」をテーマに、セキュリティの最前線を教えていただきました。

※オンライン認証におけるセキュリティと利便性の両立をめざし、ID・パスワードに代わる新しい認証方式(FIDO認証)を提唱するグローバルな非営利団体です。なお、FIDOFast IDentity Onlineの略称です。

まずは、最近のフィッシング詐欺の事例や仕組み、NTTドコモにおける対策についてお話しいただきました。
学生たちにとっても身近なスマートフォンに起こりうる脅威と、ユーザに安心を提供するサービスが具体的にどう開発されているか興味津々の様子です。

続いて、より安全性の高い本人確認の方法として世界的に注目を集めている「FIDO認証」について。
本人確認の根拠の一つとなる指紋や顔などの生体情報をスマートフォンなどの端末に閉じ込め、その端末を持っていればパスワードを用いずともログインできる仕組みです。NTTドコモでも、すでにこの技術を「パスキー認証」という名前でサービスとしてリリースされており、今後活用が進んでいくことが伺えました。

また、将来XRが進む中で、メタバースなど様々なシーンで「プライバシー」と「セキュリティ」を両立することが重要になるというお話もありました。

国際的に進められている、最新のセキュリティ対策を知ることができた貴重な機会。講義の最後には、質疑応答の時間も設けていただきました。プロフェッショナルとの対話を通して、学生たちは大きな刺激を受けたようです。


IT・WEB・AI分野で即戦力を目指すなら
興味のある仕事を体験してみよう!
開催中のオープンキャンパスはコチラ


資料請求 オープンキャンパス