学生作品「Student Works」

就職プレゼンテーション作品:CG映像分野『フォトリアル表現の限界を目指して』

タグを見る

この作品は、2021年度 就職作品プレゼンテーション出展作品です。

作品分野

CG映像

作者名

松田 空/CG・デザイン・アニメ4年制学科 CG映像コース

開発環境・使用ツール

Maya、ZBrush、Substance Painter、Mari、Marvelous Designer、Photoshop、Illustrator





作品のアピールポイント・注力したこと

デジタルヒューマンやフォトリアルな顔のモデリングに関してはかなり力を入れている分野なので、見ごたえのある作品になっているかと思います。

受賞実績

・CGWORLD 「WHO`S NEXT?」4位
・CyberAgent 「3D CROSS」2位(準グランプリ)
・1年次3校合同コンペ「化粧品モデリング」独創力賞
・1年次3校合同コンペ「腕時計ポスター」独創力賞
・2年次3校合同コンペ「M92F」銀賞
・3年次3校合同コンペ「アニマルCG」技術力賞

制作にあたってHALで学んで活かせたこと

MayaやPhotoshop等のソフトの基礎操作に関して。構図等の考え方に関して。

※学科名・学年は作品制作当時。

就職作品プレゼンテーションとは

就職作品プレゼンテーションは、希望業界への就職をめざす卒業前年度の学生(4年制3年次、2年制1年次)のために、ゲーム・CG・映像・アニメ・デザイン・ミュージック・IT・WEBなどの各業界で人気上位の企業から、採用・開発・制作担当者を招き、学生が自ら作品をプレゼンテーションできる専門学校HAL独自のカリキュラムです。就職希望企業と直接話を聞けるチャンスのため、希望者は大阪・東京・名古屋の3地区どこでも参加ができます。(一定の条件あり)