学生作品「Student Works」

就職プレゼンテーション作品:ミュージック分野『終焉に挑む』

タグを見る

この作品は、2021年度 就職作品プレゼンテーション出展作品です。

作品分野

ミュージック

作者名

浅井 勇人/ミュージック学科

開発環境・使用ツール

Logic X pro

作品のアピールポイント・注力したこと

ファンタジー系RPGのラストバトルを想定したオーケストラ楽曲で「神々しさ」をテーマに制作。 主人公に勝ってほしいため、暗すぎず、勇気が出るようなフレーズを盛り込みました。 場面を想定して楽曲を制作したので、シーンを想像しながら聴いてほしいです。音の厚みを増すためにレイヤーを複数重ねました。リアリティや音の分厚さも強調しています。

制作にあたってHALで学んで活かせたこと

学んだことはほぼ全て活かせていると思います。曲をつくるための実践的なスキルを学んだり、エフェクトの使い方などを学んだり、様々な授業の中で得た知識を元に楽曲を制作しました。

※学科名・学年は作品制作当時。

就職作品プレゼンテーションとは

就職作品プレゼンテーションは、希望業界への就職をめざす卒業前年度の学生(4年制3年次、2年制1年次)のために、ゲーム・CG・映像・アニメ・デザイン・ミュージック・IT・WEBなどの各業界で人気上位の企業から、採用・開発・制作担当者を招き、学生が自ら作品をプレゼンテーションできる専門学校HAL独自のカリキュラムです。就職希望企業と直接話を聞けるチャンスのため、希望者は大阪・東京・名古屋の3地区どこでも参加ができます。(一定の条件あり)