スペシャルゼミ

LiSA、花澤香菜に続け!アニプレックス・音楽プロデューサーに学ぶ「アニソン」

タグを見る

株式会社アニプレックスより、制作事業グループ SSチーム チーフプロデューサーの山内真治氏をお招きし、HAL大阪・HAL東京・HAL名古屋3校でスペシャルゼミを開催しました!(2020年11月実施)
山内氏は『Fate』シリーズ、『ソードアート・オンライン』シリーズ、『<物語>シリーズ』など、アニメやゲームの大ヒット作品に携わり、LiSAさんや花澤香菜さんなど多くのアニソン歌手を手がけてこられた音楽プロデューサーです。

講義テーマは「売れるアニソンはこうして生まれる」。アニプレックスが手がけるアニメ、ゲーム音楽を制作するチームを統括しつつ、自らもディレクターとして現場でクリエイティブに携わり、年間で約500曲の音楽を制作するという山内氏。まずは、「アニソン基礎知識」ということで、主題歌やキャラソン、劇判などアニメ音楽の分類と、それぞれの制作方法を解説いただきました。

続いて、今や『鬼滅の刃』で一躍有名となったLiSAさんの代表曲の1つ、2017年リリースの『劇場版 ソードアート・オンライン  –オーディナリー・スケール-』主題歌「Catch the Moment」を例に、「ヒットするアニソン」制作の裏側について紹介いただきました。実際に数々の作品、歌手のプロデュースに携われてきた山内氏だからこそお話しいただける制作現場の様子を、詳しく教えていただきました。

©2016 川原 礫/KADOKAWA アスキー・メディアワークス刊/SAO MOVIE Project

「カリスマ声優・花澤香菜のシンガーソロデビュー戦略」「J-POPを凌駕する!? ヒットするキャラソンのつくり方」など、まだまだお話しいただけることがたくさん!…ということでしたが、今回の講義はここまで。

 講義の最後には学生たちから質問を受付ける時間もあり、将来音楽業界を目指す学生たちにとって大いに刺激になったようです。これからもHALでの学びを通して、社会ブームを巻き起こすエンタテインメントの世界で活躍できるクリエイターを目指していきましょう。