IT・CG・ゲームの専門学校 HAL大阪TOP

学生作品|就職プレゼンテーション作品:ゲーム制作分野『Vacuumy』

就職プレゼンテーション作品:ゲーム制作分野『Vacuumy』

タグを見る

この作品は、2022年度 就職作品プレゼンテーション出展作品です。

作品分野

ゲーム制作

作者名

室谷 イアン / ゲーム4年制学科 ゲーム制作コース

開発環境・使用ツール

開発環境:Windows10、C++、UnrealEngine4
使用ツール(プラグイン):Houdini Engine、SideFX_Labs、Niagara UI Renderer、Apex Destruction



作品のアピールポイント・注力したこと

モノを連続で吸いこむ『スポポポッ!』や、連続で発射する『ポンポンポン!』という小気味良い感触から発想した3Dアクションゲームです。

①ゲーム性:吸い込んだスライムを巨大ボスに向かって発射し、最終的にはボスを『ぎゅぽんっ!』と吸い込むなど、各アクションで“気持ちよい感触”が得られます。また、ゲーム内の全モデル・モーションを自作し、滑らかで違和感のないモーション表現や行動制御に力を入れました。
②システム:本作は基本ブループリントでの制作で、システム面には様々な効率化を施しました。フレームごとの処理に関しましては脱「Tick関数」を目標とし、イベントディスパッチャーを活用できるイベントドリブン設計をしました。また、敵AIやアニメーション処理などはテンプレートを予め実装することで、本作業への効率アップに成功しました。
③プレイヤー: 3Dアクションゲームとしての手触り感を追及しました。ビヘイビアツリーやステートマシンを活用し、プレイヤーの操作視点や照準・シーン全般のカメラ処理は3人称視点でも違和感なくプレイできるように工夫しました。ゲーム性を高める為、プレイヤーが敵のダメージを食らう際のノックバック表現にも頑張りました。

受賞実績

ゲームクリエイター甲子園 2022 リブランマインド賞

制作にあたってHALで学んで活かせたこと

HALに入学してCやC++の勉強で身に着けたアルゴリズムの考え方やコーディング力はゲーム制作に大変役に立ちました。特にブループリントでの学習と作業はプログラミング力のおかげで効率良く進めました。また、毎年の個人制作やチーム制作でゲームづくりの経験を積み重ね、ゲーム制作の中で思いついた処理効率化のアイデアや改善点・反省点が今作のクオリティアップに繋がりました。こういった経験も授業で得られた貴重な財産だと思いました。

※学科名・学年は作品制作当時。

就職作品プレゼンテーションとは

就職作品プレゼンテーションは、希望業界への就職をめざす卒業前年度の学生(4年制3年次、2年制1年次)のために、ゲーム・CG・映像・アニメ・デザイン・ミュージック・IT・WEBなどの各業界で人気上位の企業から、採用・開発・制作担当者を招き、学生が自ら作品をプレゼンテーションできる専門学校HAL独自のカリキュラムです。就職希望企業と直接話を聞けるチャンスのため、希望者は東京・大阪・名古屋の3地区どこでも参加ができます。(一定の条件あり)

資料請求 オープンキャンパス