HALニュース

いざ、プロの世界へ!この春HALを旅立つ学生たち

タグを見る

HAL大阪に入学し、プロのクリエイター・エンジニアを目指して、日々の授業や課題制作、グループワーク、インターンシップなどを通して実践力を身につけてきた学生たち。3月24日に卒業式を迎え、それぞれの夢に向かって羽ばたいていきます。

今年度の卒業生たちは、コロナ禍において、オンライン授業や分散登校など、通常とは違う学生生活を経験しました。卒業する学生を代表して、2名に学生生活の思い出とプロとしての意気込みを語ってもらいました。



ゲーム4年制学科 ゲーム制作コース
石川 亮太
就職先:株式会社インテリジェントシステムズ
職種:ゲームプログラマー

-学校生活での思い出を教えてください。

現役のゲームクリエイターの授業を受けられるので、業界裏話も聞けて為になりました。図書館は資料が豊富で、自分では高くて買えないような本もじっくり読めたのが勉強の助けになりました。『日本ゲーム大賞 アマチュア部門』で大賞を受賞したことで、後輩に認知されたことも良い思い出です!

-コロナ禍での就職活動はどうでしたか?

就職活動に向けての準備や、面接の対応など丁寧に相談に乗ってもらえました。

学校には様々な環境が整っていますが、夢を叶えるのは本人の努力の質と量も大きいと思います。好きを仕事にするのはしんどい。でも、その先には面白い世界が広がっていると実感しました。

-将来の夢、今後の抱負を教えてください。

ここがゴールではない、と思っています。ゲームを通して、世界に“ワクワク”と“絶望”をお届けするクリエイターになりたいです!


高度情報学科 高度情報処理コース
梅野 結衣
就職先:dely株式会社
職種:iOSエンジニア

-学校生活での思い出を教えてください。

1年生の頃から学内コンテストがあって、自分自身の強みや弱みを分析することができ、その後の就職活動にもつながりました。大阪駅すぐという利便性も、学外での活動も含め学生生活を有効に過ごせた理由の一つです。

-コロナ禍での就職活動はどうでしたか?

先生からは、コロナ禍であっても当たり前のことをきちんとするよう指導してもらいました。「挑戦しない後悔よりも、挑戦して後悔した方がいいよ」と励ましていただいたことも印象に残っています。

-将来の夢、今後の抱負を教えてください。

「クラシル」など、普段から利用しているアプリの開発に携わるので緊張もありますが、たくさんのユーザーの方々に快適にサービスを利用してもらえるようチームの一員として頑張っていきたいです。


-お二人とも、インタビューへの協力ありがとうございました!これからの活躍も期待しています!



HALでは体験入学を毎月実施しています。
学校生活や授業、先生や学生の雰囲気など、ぜひ直接確認ください!
見学・相談は日曜・祝日を除く毎日実施しています。
開催中のオープンキャンパスはコチラ