『産学直結ケーススタディ』

【ユニバーサルミュージック×HAL】Sano ibuki「emerald city」公式ミュージックビデオを制作!

タグを見る

ユニバーサルミュージック所属の新進気鋭のアーティスト・Sano ibukiさんと、CG・デザイン・アニメ4年制学科 CG映像コースの学生とのコラボレーションにより、1st e.p.「SYMBOL」収録の楽曲「emerald city」のフルミュージックビデオを学生が制作しました。

本プロジェクトの最優秀作品は「emerald city」の公式ミュージックビデオとして、11/4(水)よりSano ibuki公式YouTubeチャンネルにて配信が開始されます。惜しくも最優秀賞を逃したチームの作品も、HAL公式YouTubeチャンネルにて公開いたします。

これからの時代を担うアーティストとクリエイターたちのタッグで完成した作品を、ぜひチェックしてください!

Sano ibuki公式YouTubeチャンネル https://www.youtube.com/channel/UCIR4Sw8FraEuw2jDjST5GpA
専門学校HAL公式YouTubeチャンネル https://www.youtube.com/user/HALLOchannel

■最優秀作品
CG・デザイン・アニメ4年制学科 CG映像コース
木皮 司、大西 莞太 ほか
コメント:最優秀作品に選んでいただき、チームメンバー一同嬉しく思います。今回のプロジェクトで経験したことを大切にして、将来に活かしていきたいです。

★Sano ibuki「emerald city」公式ミュージックビデオ

■Sano ibukiさんコメント
皆さんの作品から“意志”や“今”を感じました。
このような時期だからこそ、皆さんが感じているものを
作品にぶつけていただいたんじゃないかと思います。
今回の経験を、色々な場所で活かしてもらえたら嬉しいです。
直接お会いできる日を楽しみにしています。
皆さんと出会えてよかったです。

■【ユニバーサルミュージック×HAL】Sano ibuki「emerald city」ミュージックビデオ制作プロジェクト
HAL大阪・HAL東京・HAL名古屋3校のCG・デザイン・アニメ4年制学科 CG映像コースの学生を対象にコンテストを実施。4月のオリエンテーションから7月末の納品まで、すべてオンラインにて実施された本プロジェクト。
中間チェックには、Sano ibukiさんご本人にも参加いただき、各チームに直接フィードバックをいただきました。プロによる厳正な審査を経て、3校の中から最優秀作品が選出され、表彰式ではSanoさんをはじめユニバーサルミュージック様、所属事務所のスマイルカンパニー様より、今回のプロジェクトに対する総評をいただきました。

[表彰式の様子]


今回のプロジェクトは、学生たちにとって、在学中からプロの仕事を任せてもらえる貴重な経験となりました。アフターコロナの時代には、リモートで仕事をすることも新たな日常となっているかもしれません。一足早く、将来の働き方を疑似体験することができたことも、大きな糧となったはずです。これからも映像や音楽といった垣根を越えて、新しい社会のエンタテインメントをつくっていきましょう。


Sano ibuki
2017年、本格的なライブ活動を開始。
自主制作音源「魔法」がTOWER RECORDS 新宿店バイヤーの耳に留まり
同年12 月に同店限定シングルとして急遽CD 化、期間限定販売 (現在は販売終了)。
2018年7月4日、初の全国流通盤となる1st mini album 『EMBLEM』を発売。
構想約2年かけて、Sanoが紡ぎ上げた空想の物語の主題歌たちを収録したDebut Album『STORY TELLER』を2019年11月6日、EMI Recordsより発売。翌12月11日にアニメ映画「ぼくらの7日間戦争」に書き下ろした
主題歌3曲「決戦前夜/おまじない/スピリット」を収録した1st Single を発売。
「マリアロード」(Debut Album『STORY TELLER』収録)を主題歌として書き下ろした、
映画「his」(今泉力哉監督作品)が今年1 月に公開となり、ストーリーに寄り添う楽曲の親和性の高さが話題となる。
2020年5月、『STORY TELLER』のスピンオフ作品となる1st e.p.『SYMBOL』を発売。
Sano ibuki 公式サイト https://www.sanoibuki.com/#

  HAL大阪オープンキャンパス   
CG・映像・アニメ業界を目指すならHAL!憧れの仕事を体験しよう!
申込みはコチラ