学生作品「Student Works」

就職プレゼンテーション作品:高度情報処理分野『Plan Drive』

タグを見る

この作品は、2021年度 就職作品プレゼンテーション出展作品です。

作品分野

高度情報処理

作者名

加藤 匡一郎/情報処理学科

開発環境・使用ツール

React、Flask、MariaDB、ChakraUI



作品のアピールポイント・注力したこと

とにかく見やすさを重視し、目の動きも考慮して設計しました。また、データベースの取り扱いで削除機能を工夫しました。オペレーションミスがあっても間違ってデータベースから削除されないようにしました。削除データの復元機能も実装しています。

制作にあたってHALで学んで活かせたこと

まだ授業では学習しない他言語にも挑戦しました。授業で学んだJavaのオブジェクト指向の知識が身についていたため、スムーズに習得することができました。

※学科名・学年は作品制作当時。

就職作品プレゼンテーションとは

就職作品プレゼンテーションは、希望業界への就職をめざす卒業前年度の学生(4年制3年次、2年制1年次)のために、ゲーム・CG・映像・アニメ・デザイン・ミュージック・IT・WEBなどの各業界で人気上位の企業から、採用・開発・制作担当者を招き、学生が自ら作品をプレゼンテーションできる専門学校HAL独自のカリキュラムです。就職希望企業と直接話を聞けるチャンスのため、希望者は東京・大阪・名古屋の3地区どこでも参加ができます。(一定の条件あり)