国家資格学科 昼間コース/1年制

IT分野のプロになるために大きな武器となる国家資格。「情報処理技術者試験」をはじめとした国家資格を1年間で取得します。

HALならではの特色

専門の指導者による徹底指導

専門の指導者による徹底指導

試験制度に対応した最新のカリキュラムを導入し、受験対策の専門家による徹底指導で、資格の完全取得を目指します。

『国家資格 合格保証制度』

『国家資格 合格保証制度』

基本情報技術者専攻に2年間在籍して合格できなかった場合、3年目以降は合格まで学費免除で勉学が継続できる独自の制度を採用。

専攻

専攻

×

基本情報技術者専攻(国家資格 合格保証制度適用)

SE、プログラマーを目指す人の登竜門がこの資格。上級技術者とともにプログラム設計書を作成し、プログラムの開発を行い、単体テストまでの一連のプロセスを担当できる能力を習得。上位資格へのステップアップも目指せる、まさに基本の国家資格です。

※資格取得後、上級資格の専攻へ進級、または、他コースに編入することができます。

応用情報技術者専攻

IT化の基本戦略や、ITソリューション・製品・サービスを担う業務について、ユーザが持つ課題に対するIT活用の戦略立案や、システム設計・開発・インテグレーションによって、信頼性と生産性の高いシステム構築・運用サービスを実現する能力を習得。高度情報社会を支えるリーダーとして活躍できます。

※資格取得後、他コースに編入することができます。

データベーススペシャリスト専攻

情報システムの大脳ともいうべき、データベースシステムのスペシャリスト。ニーズ分析から開発計画の立案・設計・導入・管理まで、一貫した知識・技術が要求される同資格の取得で、データベースエンジニアとしての技能が証明されます。

ネットワークスペシャリスト専攻

インターネット・イントラネット・LANなど、情報ネットワークの拡大と複雑化が進む中、ネットワークのスペシャリストとして、活用計画立案からシステム設計・構築・導入支援・保守管理の技能を測るこの資格は、難関であるがゆえに価値があります。

エンベデッドシステムスペシャリスト専攻

ニーズが高い組込システムに関するハードウェア・ソフトウェア開発のスペシャリスト。トレードオフ・機能分担を反映したリアルタイム処理の設計書・仕様書 の作成から、各工程での開発、特定技術の専門家とのリレーション、開発環境の整備などを実現する技能が要求される資格は、家電や自動車・ロボットなど幅広い分野で有効です。

情報セキュリティスペシャリスト専攻

不正アクセス防止やコンピュータウィルス対策、システム自体の脆弱性改善といった情報セキュリティについて、計画策定・リスク分析評価・実施・運用・障害の復旧まで全般の管理を担う同資格取得者。セキュリティ管理の幅広い能力を実証する資格です。

その他の学科・コース

昼間コース 4年制

昼間コース 2年制

昼間コース 1年制

夜間コース

土曜コース

社会人・大学生も通える夜間・土曜コース