留学生入学要項(一部抜粋)

入学資格

留学の目的が明確であり、専門分野における知識・技能を修得することに強い意欲があることを前提に、下記の1. 2.の条件を両方満たしている人。

1.自国において、12年の教育課程を修了または修了見込みで、入学時に18歳に達する人
※自国において通常の教育課程が12年未満の場合は、入学相談室に問合せください。

2.日本語能力が下記の条件のいずれかを満たしている
●法務大臣の告示をもって定められた日本語学校において、6ヵ月以上修学した人
●日本留学試験の日本語科目(読解・聴解および聴読解の合計)で200点以上を取得した人
●財団法人日本国際教育支援協会が主催する日本語能力試験でN2レベル(旧2級)に合格した人
●BJTビジネス日本語能力テストで400点以上を取得した人
●日本の学校教育法第1条に定める学校※で、1年以上の教育を受けた人
※幼稚園を除く、日本の小学校・中学校・高等学校・高等専門学校・短期大学・大学・大学院

出願方法

入学志望者が日本に居住している場合

入学相談室に問合せ、または直接来校し、「留学生入学要項」を入手ください。
[受付時間]10:00~20:00(日曜・祝日 12/27~1/5を除く)

上記時間内であればいつでも気軽に来校できますが、個別で入学相談・校舎見学を希望する場合は、入学相談室に問合せ、またはWEBから申込みください。

入学志望者が自国(日本以外)に居住している場合

<渡日前入学許可制度>

HALでは日本学生支援機構が実施する「日本留学試験」を日本国外で受け、その成績と書類選考により、渡日する前に入学を許可する制度「渡日前入学許可制度」を導入しています。志望者は来日することなく、自国にいながらにして入学許可を得られるため、時間的・経済的な負担を軽減することができます。

この制度を利用する場合の入学要項および出願書類は下記よりダウンロードし提出ください。不明な点は、出願前に入学相談室にTELまたはE-mailにて問合せください。書類選考により入学が許可された場合は、在留資格認定手続きをHALが代理で行います。

※学校案内書の海外送付は行っていません。

代理人制度

出願から入学までのすべての手続きを、日本に在住する代理人に代行を依頼することもできます。試験日などの連絡は代理人宛てに行います。
志望者本人は、受験のために短期査証により来日し、指定日時に受験ください。
代理人は、志望者への連絡、入学金・学費納入、査証取得まで、すべてに責任を持って代行ください。

出願受付期間

各学科ともに、出願順に入学選考を行い、定員になり次第締切ります。

  • [2017年 4月入学] 2016年10月1日(土)から
  • [2017年10月入学] 2017年 7月1日(土)から

<渡日前入学許可制度>を利用する場合

  • [2017年 4月入学]2016年10月1日(土)~12月26日(月)
  • [2017年10月入学]2017年 5月1日(月)~ 7月31日(月)

問合せ先

HAL名古屋 入学相談室
〒450-0002 名古屋市中村区名駅4-27-1
TEL:052-551-1001
E-mail:nyugaku@nagoya.hal.ac.jp

  • 日本留学試験について
    <日本学生支援機構>
    独立行政法人日本学生支援機構 留学生事業部 留学試験課
    〒153-8503 東京都目黒区駒場4-5-29
    TEL:03-6407-7457/FAX:03-6407-7462
    E-Mail:eju@jasso.go.jp
    http://www.jasso.go.jp/
  • 査証の取得や更新手続きについて
    <名古屋入国管理局>
    〒455-8601 名古屋市港区正保町5-18
    取得・更新手続きの確認 TEL:052-559-2117~8(留学・研修審査部門)
    一般的な質問や問合せ  TEL:052-559-2150(代)
    http://www.immi-moj.go.jp/
   

入学要項・学費サポート

昼間コース入学要項

夜間・土曜コース入学要項

学費・住まいのサポート