『産学直結ケーススタディ』

『FGO』楽曲も手がける人気バンドDracoVirgoとコラボ!アニメーションPV制作プロジェクト始動!

タグを見る

人気スマートフォンゲーム『Fate/Grand Order』の楽曲を担当したことでも記憶に新しい実力派バンド・DracoVirgo(ドラコヴァーゴ)とアニメ・イラスト学科の産学連携として、アニメーションPV制作プロジェクトがスタートしました!

そのキックオフとして、DracoVirgoの3人がHALに来校し、学生たちへ向けてオリエンテーションを行いました。まずは、HALの学生のためだけのスペシャルLIVEからスタート。圧倒的なパフォーマンスに魅了された後、今回PVを制作する楽曲や、メンバーの皆さんの好きなもの、ライブで意識していることなどをインタビュー形式で伺いました。



本プロジェクトは、ユニバーサルミュージック協力のもと、HAL卒業生であり、株式会社スピード 代表取締役・岩木勇一郎氏(プロデューサー・監督)が中心となり行われます。学生たちはHAL東京・HAL大阪のチーム対抗で、未発表曲を題材にアニメーション映像を制作。優秀作品は、DracoVirgo公式YouTubeチャンネルにて配信予定です。

オリエンテーションの最後に、ボーカルのMAAKIIIさんから「感性の赴くままに、皆さんのパッションをぶつけてください!」という言葉もあり、学生たちのスイッチもONになった様子でした!
幻想的な世界観を持つDracoVirgoの楽曲を題材に、HALの学生たちの若い感性がどのようなアニメーションを生み出すのか、今から完成が楽しみです!


DracoVirgo

元HIGH and MIGHTY COLOR のMAAKIII(vo)、mACKAz(b)、SASSY(ds)からなるバンドプロジェクト。2017年11月28日にリリースされた大人気スマートフォンゲーム『Fate/Grand Order Epic of Remnant』の4つ目の物語『亜種特異点Ⅳ 異端なるセイレム』テーマ曲「清廉なるHeretics」に“毛蟹 feat.DracoVirgo” として参加。楽曲はiTunesで1位を獲得するなど大きな話題となった。