『産学直結ケーススタディ』

【ユニバーサルミュージック×HAL】Sano ibuki「emerald city」制作プロジェクト 中間チェックを行いました

タグを見る

ユニバーサルミュージック所属の新進気鋭のアーティスト・Sano ibukiさんと、CG・デザイン・アニメ4年制学科 CG映像コースの学生とのコラボレーションにより、5/13(水)に発売された1st e.p.「SYMBOL」収録の楽曲「emerald city」のフルミュージックビデオを制作します。

先日HAL名古屋・HAL東京・HAL大阪3校の学生たちが一堂に集い、オンラインにて行われた中間チェックには、なんとSano ibukiさんご本人にも参加いただきました!

学生たちは1チームごとに、企画・コンセプト・ストーリーなどをプレゼン。Sanoさんからは、「絶望から希望にシーンが切り替わる明確なきっかけは?」「このストーリーの中でメインとなるモチーフはどれか?」など、ひとつ1つのプレゼンを聞きながら、具体的かつ鋭いフィードバックをいただきました。


アーティスト本人と直接やり取りができる貴重な機会。学生たちは様々な気づきを得ている様子でした。
7月末の納品に向けて、プロの仕事を任せてもらえる責任感と緊張感を持ちながら、鋭意制作を進めていきます。
今から作品の完成が楽しみです!

Sano ibuki
2017年、本格的なライブ活動を開始。
自主制作音源「魔法」がTOWER RECORDS 新宿店バイヤーの耳に留まり
同年12 月に同店限定シングルとして急遽CD 化、期間限定販売 (現在は販売終了)。
2018年7月4日、初の全国流通盤となる1st mini album 『EMBLEM』を発売。
構想約2年かけて、Sanoが紡ぎ上げた空想の物語の主題歌たちを収録したDebut Album『STORY TELLER』を2019年11月6日、EMI Recordsより発売。翌12月11日にアニメ映画「ぼくらの7日間戦争」に書き下ろした
主題歌3曲「決戦前夜/おまじない/スピリット」を収録した1st Single を発売。
「マリアロード」(Debut Album『STORY TELLER』収録)を主題歌として書き下ろした、
映画「his」(今泉力哉監督作品)が今年1 月に公開となり、ストーリーに寄り添う楽曲の親和性の高さが話題となる。
2020年5月、『STORY TELLER』のスピンオフ作品となる1st e.p.『SYMBOL』を発売。
Sano ibuki 公式サイト https://www.sanoibuki.com/#


  HAL名古屋オープンキャンパス  
CG・映像・アニメ業界を目指すならHAL!憧れの仕事を体験しよう!
申込みはコチラ