圧倒的な「コンテスト実績」

優秀賞W受賞!若きゲームクリエイターが腕を競う『GFF AWARD 2021』

タグを見る

福岡ゲーム産業振興機構が主催する『第14回 福岡ゲームコンテストGFF AWARD 2021』の「ゲームソフト部門」および「ゲームグラフィック・アート部門」の2部門でHALの学生が優秀賞を受賞しました!
今回は、応募総数が過去最多の1,821作品!「ゲームグラフィック・アート部門」では、優秀賞の他にも2名が入賞に輝き、入賞6作品のうち半分をHALの学生が占める結果となりました。
※HAL名古屋・HAL東京・HAL大阪の実績

2007年から開催されている『GFF AWARD』。今回は、レベルファイブの日野晃博氏、サイバーコネクトツーの松山洋氏、ガンバリオンの山倉千賀子氏らに加え、ハル研究所 「星のカービィ」シリーズ ゼネラルディレクターの熊崎信也氏が審査員を務め、第一線のプロの目線で学生たちの作品が評価されました。

見事、受賞に輝いた作品をご覧ください!


  ゲームソフト部門 優秀賞【副賞:5万円】
タイトル :「ペンギンスクランブル」
ゲーム4年制学科 ゲームデザインコース・ゲーム企画コース・ゲーム制作コース、ミュージック学科:
ホルツマン ベン、叶 林蔭、安藤 佳樹、陳 マイク、秋元 昇、羅 イ銘、小倉 達矢、池田 博雅、李 爾捷、袁涌淇、谷沢 瑞己、北林 和哉、タク 碧セン、佐藤 草太、呂 逸之、角田 空、王 京、佐藤 州永、田口 遥、エレナ アルティス、山内 達哉


審査員コメント:直感的でシンプルな操作がアクションゲームとしての間口を広めている。ゲーム中盤から様々な要素が追加され印象が一気に変わり、難易度やギミックなど、ゲーム内容の幅が広げられていた。(福岡ゲーム産業振興機構HPより)

  ゲームグラフィック・アート部門 優秀賞【副賞:5万円】
タイトル:「DESTROY LIFE」
ゲーム4年制学科 ゲームデザインコース:
鬼頭 紀碧


審査員コメント:約1,200作品の応募の中から選出されるに値するほど計算されて設計されていたプレゼンテーションであった。イラスト、フォントの選び方、光の当て方などこだわりが端々に見える。(福岡ゲーム産業振興機構HPより)

  ゲームグラフィック・アート部門 入賞
タイトル:「神塔バベル」
ゲーム4年制学科 ゲームデザインコース:
上野 真奈

  ゲームグラフィック・アート部門 入賞
タイトル:「BREAKERED」
ゲーム4年制学科 ゲームデザインコース:
下村 周平