圧倒的な「コンテスト実績」

HALの学生が協賛企業賞を獲得!『JIDF学生文化デザイン賞2022』

タグを見る

一般社団法人日本文化デザインフォーラム(JIDF)が主催する、新たなイノベーションを創出するコンセプトを募る学生向けのコンテスト『JIDF学生文化デザイン賞2022』。国内の大学院や大学から応募が集まる中、HALの学生がファイナリストに選出され、最終プレゼンテーションを実施。CMディレクター中島信也氏などによる審査を経て、見事協賛企業賞「AOI Pro.賞」「ティー・ワイ・オー賞」を受賞しました!※HAL名古屋・HAL東京・HAL大阪の実績


CG・デザイン・アニメ4年制学科 グラフィックデザイン・イラストコース
大吉 悠介
タイトル:子ども向け習い事テーマパーク「CanBe!」
“子どもの自己肯定感向上”と“習い事の多様化”をテーマとした、様々な習い事を体験できる小学生向けテーマパーク。

学生コメント:
「子どもが自身に合う習い事に出会うには、どのような仕組みづくりが必要なのか?」という点について、子どもを持つ親へのインタビューやデスクリサーチを通して多角的な視点でサービスの企画を行いました。「子どもが自ら挑戦する」ことが自己肯定感向上の重要なカギになると考え、ゲーミフィケーションを活用し、子どもが楽しく挑戦できるようなコミュニケーションのデザインにも注力しています。

 ロゴデザインやマップデザイン等、ビジュアル面での表現は授業で習ったことが活用できました。また、インフォメーショングラフィックスについても授業で学んでいたおかげで、プレゼンテーション資料の制作に役立ちました。クラス担任をはじめ多くの先生から指導をいただけて、しっかりプレゼンテーションの準備ができたと思います。


広告・WEBなど幅広い業界で活躍できるデザイナーへ!
憧れの仕事をHALで体験しよう!
開催中のオープンキャンパスはコチラ