圧倒的な「コンテスト実績」

映像系コンテストで学生作品が快進撃!『第20回中映協映像コンテスト』『FIDFF2022』

タグを見る

中京テレビやCBCテレビなどの映像制作会社による「中部映像関連事業社協会」が主催する『第20回中映協映像コンテスト』において、HALの学生作品『果ての一閃 EPISODE ZERO』が学生部門最優秀賞に選ばれました!

 同作は福岡市などが後援する『福岡インディペンデント映画祭(FIDFF)2022』においても、20分部門において最優秀作品に選出。映像系コンテストでの快進撃が続いています。 2021年度の卒業制作として制作された本作は、アニメとしての完成度の高さから各所で話題に。ネットニュース「ねとらぼ」でも取り上げられました。

卒業制作で作ったフルCGアニメの完成度がとにかくすげえ 地球外からの侵略兵器と戦うロボットアニメ https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/2201/27/news134.html


  『第20回中映協映像コンテスト』学生部門 最優秀賞
  『福岡インディペンデント映画祭(FIDFF)2022』20分部門最優秀作品
タイトル:「果ての一閃」
CG・デザイン・アニメ4年制学科 CG映像コース
早川 翔也、早川 一真、齊藤 雄太、窪谷 颯太、羽根田 響、肖 逸舟、淺井 晴菜、佐藤 秀一郎、張 家綺

CG・映像・アニメ業界を目指すなら
HALで憧れの仕事を体験しよう!
開催中のオープンキャンパスはコチラ