HALニュース

卒業生が国際短編映画祭で環境大臣賞を受賞! 日本の環境対策の1つとして世界に発信!

タグを見る

CG学部の卒業生が、米国アカデミー賞公認・アジア最大級の国際短編映画祭『ショートショート フィルムフェスティバル&アジア2020』(以下、SSFF & ASIA)にて、「地球を救え!環境大臣賞」を受賞しました!※HAL名古屋・HAL東京・HAL大阪3校の実績

これを受け、環境省にて「地球を救え!環境大臣賞」発表・試写会が開催され、監督を務めた卒業生の三好優太さんが、小泉進次郎環境大臣、SSFF & ASIA実行委員会委員長の別所哲也さん、フェスティバルアンバサダーで環境省アンバサダーでもあるLiLiCoさんとともに登壇。作品紹介や、登壇者とのトークショーに臨みました。

登壇者の皆さまから、CGとは思えないような映像表現だけでなく、「自然界(生物)とデジタルの共生」という新しいテーマや、セリフを用いない「ノンダイアログ」という手法で観る人の心に訴えかけるような作品である点を評価いただきました。


小泉環境大臣から、本作品が、9月3日(木)20:00~23:00にかけて開催される、新型コロナウイルスからの復興と気候変動・環境対策に関する「オンライン・プラットフォーム」閣僚会合・「Platform for Redesign 2020」(https://platform2020redesign.org/)にて、日本の取り組みの1つとして世界に向けて発信されることが発表されました。

SSFF & ASIAにおいても、過去の受賞作品とともにオンライン会場( https://shortshorts2020.vhx.tv/save-the-earth)にて9/15(火)まで世界配信されます。ぜひ、こちらもご覧ください。



  地球を救え!環境大臣賞【賞金:50万円】
CG・デザイン・アニメ4年制学科 CG映像コース(2020年3月卒業※在学中に制作)
監督:三好 優太
橋詰 隆成、五百城 弘守、河口 遼、高城 茂彰、陳 エイセン、坪山 勢矢、峯 滉基、横山 颯雅
●作品名:『OASIS』
●作品説明:2050年、急激な気候変動に耐えられず、大量死したカエルを救うべくAIアニマルSAVIORが開発される。SAVIORは大量死した種と同じカエルに出会い、学習し、行動をともにしながら、情報収集を行う。

●受賞者コメント:このような賞をいただけて本当に嬉しく思います。人間の発展によって様々な環境問題が生じています。人間の叡智によって、AIテクノロジーを活用して生態系を守っていくことができればと思い、この作品をつくりました。若い人たちにとって、環境について考え、当事者意識を持つきっかけになれば嬉しいです。

●受賞理由:アニメーション作品としてのエンターテイメント性と、環境問題に関するメッセージ性がともに高く、幅広い人に気づきを与えられる作品として選出。

『ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2020
開催期間:9月16日(水)~9月27日(日)
アジア発の新しい映像文化の発信・新進若手映像作家の育成を目的とした、米国アカデミー賞公認の映画祭。25分以内の「ショートフィルム」を公募条件とし、世界110以上の国と地域から集まった約5,000本の中から、選りすぐりの約200作品を上映。

★HAL名古屋オープンキャンパス開催中!
CG・映像業界を目指すならHAL!憧れの仕事を体験しよう!
来校およびオンラインの入学相談も毎日実施しています。(日曜・祝日を除く)
https://www.hal.ac.jp/nagoya/apply